皆さんは『パパ活』をご存知でしょうか?私は昨日初めてこの言葉を知りました。たまたまネットサーフィンをしていたら、いつも見ているはちま起稿さんの記事で『モテカワ女子の間でおじさんからお金をもらう”パパ活”が流行中(ゝω・) 「ただの援交じゃねーか」の声にも負けない女子っょぃ』という記事を見かけたのがきっかけです。
今回はそんなパパ活について書いてきます。

パパ活とは?パパになるための活動?

私がパパ活という文字を見てすぐに思ったのは結婚している男性が良いパパになるために率先して育児を行うことなのかと思いました。ですが、真意は全く違うものでパパ活とは「女性が金銭的に援助を行ってくれる男性を探すための行動」だと言います。いわいるパトロンを見つける活動ですね。私が描いていたいたほのぼの感はいっきに崩れ去りました笑

要するに、援助交際や以前の記事でも書いた謝礼交際とやっていることは何ら変わりはありません。時代の流れで援助交際の言い方がよりポップになり「パパ活」に言われたと思います。
謝礼交際が気になる方はこちらから→今話題の謝礼交際ってなに?謝礼交際サイトで主婦が荒稼ぎ!?

具体的にパパ活はなにをするの?

では、パパ活はどのように行われているのか?パパ活はパパ活専門のサイトがあるわけでもパパ活掲示板があるわけもありません。主にパパを探す場所は出会い系サイトや掲示板やSNSで女性側がある程度収入がある男性などに直接連絡をしてパパとの関係を築いてるようです。

女性のパパ活の目的はやはりお金のわけですから、それなりの収入がある男性を見つけるのが大変のようで、女性自ら何十人もの男性に連絡をとりやっとの事でパパを見つける方もいます。パパ活では容姿がいいだけではパパは見つからず、コミュニケーション能力なども求めます。確かにある程度収入がある男性は会社でもいい役職についていたり、会社の社長さんなどもいますので目の肥えた男性をパパにするのは大変です。

そんなパパ活を乗り越えた女性がOL時代に苦労して稼いだ何倍もの金額を援助してもらえることもあるので女性は必死にパパ活に勤しんでいます。

パパ活の相場!パパ活ではいくらもらえるの?

パパ活をしていて流行り気になるのはお金ですね。パパ活の相場はパパの収入や女性によって一概いくらとは決まっておらずその時に交渉して会ってえっちしたらいくらだとか毎月決まった日にもらえる定期などがあります。

ネットの参考ですが、都度払いでえっちありで2~5万、なしで1~3万円で定期の場合は月に1~5回ほどで10万~100万円ぐらいになるそうです。こう見てみるとえっちなしでも1~3万円ももらえるってすごいですね。

でも、最初からこの金額でもらえるのはないみたいで何回かデートやえっちを繰り返していくことでパパに気に入ってもらい金額を上げてもらえるようです。

パパ活は危険なこともある

パパ活は主にネットでパパを募集したり、男性に直接連絡を取って交渉すると書きましたがやはりネットは相手の顔がわからなかったり、プロフィールが書いてあってもそれが本当かどうか証明する方法がありません。だから直接会ってしかその男性の人となりを知ることができません。

男性の中には特赦な性癖の持ち主がいたり、エッチをしてもいちゃもんをつけられてお金を払ってもらえないことがあります。それだけだったらいいかもしれないですが、危険な犯罪に巻き込まれる可能性だってあります。こんな危険を犯してまででもパパ活は魅力的なのでしょうか?

パパ活は違法なのか?

パパ活は援助交際みたいなものといいましたが、果たして違法なのでしょうか?
ネット上では違法ではないが既婚者のパパができてえっちをしたりすると不貞行為で相手側の奥さんに慰謝料を請求される可能性があります。他にも法律の解釈では違法となることもあるかと思います。

いずれにせよ、堂々と行うことではないということですね。